trefu Inc.

企業沿革

trefu Inc.(株式会社トレフ)は、2013年12月に創業したスタートアップ企業です。当時、アクセラレーションプログラムとして業界を牽引したMOVIDA JAPANにて、 5期生として採択されたことをきっかけにシード出資を受けました。

これといった事業アイディアもなく、熱意のみでスタートした創業者の2名は、未だIT化が進んでいない市場をターゲットとし、ペット領域でのWEBサービスの開発をスタートさせました。

間もなくリリースした、犬に関する情報を発信するキュレーションメディアでは、述べ1400万人ものユーザー様にご愛好いただき、大勢の人々に影響を与えられるWEBサービスの可能性を肌で感じました。

現在では、同サービスは事業譲渡しており、これまでに得たノウハウをもとに他社様のメディアをはじめとする様々な事業をサポートさせていただいております。

代表取締役社長 大庭祥平

Tsunayoshi [ツナヨシ]|犬の飼い方が学べる情報サイト

インターネットメディア事業  ×  社会支援事業

Tsunayoshi [ツナヨシ]は、情報発信と社会問題の解決を支援するメディアです。

インターネットメディア事業の側面としては、犬猫の殺処分をはじめとする様々な社会問題の啓蒙や問題提起を行うだけでなく、犬と暮らす愛犬家のケアを目的とした質の高い情報を日々配信しています。

Tsunayoshi [ツナヨシ]の記事を執筆するライター陣には...

・ドッグトレーナー
・獣医師
・動物看護師
・ドッグライフアドバイザー
・海外在住の保護団体スタッフ
 (イギリス、ドイツ、アメリカ等)

など、バラエティー豊かな犬のプロ達を中心に、犬を心から愛してやまないライター陣によって運営されています。私たちは月間60万人に及ぶ多くの読者様に支えられ、愛犬家に必要な情報や知識、そして倫理観をテーマに犬と生きていくことを真剣に考えています。

ソーシャル・サポーティング(社会支援)事業の側面としては、月額300円(1日10円)から始められる少額サポーターを募り、全国のNPOや動物保護団体と連携することで、国内における犬猫の殺処分0を目指しています。

サポーターから集められたお金は、支援金として支援先の各団体に振り分けられます。また、『各団体の経済的な自立を可能にする』ことを理念としており、最終的には社会的インフラを築くことを目標にしています。

また、Tsunayoshi [ツナヨシ]の情報発信と拡散能力を最大限に利用することで、多くの人々に社会問題について認知してもらう活動を行っています。

【Tsunayoshiにおける、支援金の活用例】
1. NPOや動物保護団体への支援金の振り分け
2. 譲渡会やチャリティーイベント等の費用負担
3. 社会問題の啓蒙など、情報発信と情報拡散

環境省自然管理局の報告によると、平成26年度(平成26年4月1日〜平成27年3月31日)において殺処分の対象となってしまった犬猫は101,338頭にも昇ります。

101,338頭もの尊い命が殺処分されてしまうという大きな社会問題に取り組むべく、WEB上における強い拡散力を駆使したインターネットメディア事業展開を行っています。

sunaggle.jp [スナグル]

ソーシャルビジネス  ×  プラットフォーム

sunaggle.jp [スナグル]は、ソーシャルビジネスを展開する事業者や組織、または社会問題や社会的課題に取り組む全ての人を支えるソーシャルプラットフォームです。

「sunaggle」には「寄り添う」という意味が込められています。まさに寄り添うように活動を支援してくれるサポーターを見つけ、その後も継続的なリレーションシップの構築をサポートします。

Thank you! Your submission has been received!

Oops! Something went wrong while submitting the form

会社概要

  • 会社名
  • 株式会社トレフ
  • 本社所在地
  • 東京都渋谷区恵比寿4-20-3
    恵比寿ガーデンプレイスタワー 18階
  • 設立
  • 2013年12月19日
  • 資本金
  • 6,050,000円
  • 代表取締役
  • 大庭 祥平
  • 主な事業内容
  • SEOコンンサルティング、SEM支援、
    キュレーションメディア事業支援、
    新規事業開発サポート

お問い合わせ

Thank you! Your submission has been received!

Oops! Something went wrong while submitting the form